離婚問題について悩まれている方の中には、どのタイミングで相談にいけばいいのかわからずに悩まれるかたも少なくありません。
これについて結論をいうと、

「早ければ早いほどよい」

です。

離婚問題を話し合いで解決するとしても、話し合いが決裂したときに最終的に裁判で勝てるかどうかによって、話し合いの進め方は大きく変わってきます。そして、裁判での勝敗は証拠の有無によって大きく左右されますが、相手と同居している方が、相手はまだ離婚問題が起きていることに気づいていない方が、証拠収集は圧倒的に有利だからです。

たとえば、不貞の事案でしたら、浮気を問い詰めてからだと相手のガードが固くなって浮気の証拠をもらさなくなってしまいます。そして、どのような証拠をどのようにして集める必要があるかは事案によって異なるため、個別のアドバイスが必要です。

また、一度離婚の話を切り出して別居まですると、そこからの取れる選択肢は大幅に限られます。最終的には離婚の話を切り出して別居をするとしても、それ以前にやっておくべきことをしているのかしていないのかでは、その後の展開が大きく変わってきます。

ところで、

自分自身の考えがまとまらない段階では相談をしても意味がない

と考えている方もいるかもしれません。

しかし、一人で悶々と悩んでいても、時間が過ぎるだけで考えはまとまりません。なぜ自分は離婚を考えたのか、逆に

なぜ自分は離婚に踏み切れないのか、どこに引っかかりを感じているのかといったことを一緒に考えるのも、当事務所では弁護士の役割

と考えています。

相談の結果、まだ弁護士に依頼をする段階ではないという結論に達することもあるでしょう。ですが、その結論を出せたということは相談に来た意味があるということです。

では、逆に

事案が進んでしまった場合は相談すべきでないのでしょうか。

そんなことはありません。時間が経つほど取れる手段は限られてきますが、限られた選択肢の中でどのような対応をとるかを決めるのもとても大事なことです。相談をするのには早ければ早いほどよいですが、それと同時に「今」こそが相談を始めるには一番早いときともいえます。

ですので、

思い立ったらすぐにご相談ください。

  • お一人で悩まずに、まずはお気軽にご相談ください。
  • 086-206-3650 086-206-3650

岡山テミス法律事務所 〒700-0826
岡山県岡山市北区磨屋町1-6 岡山磨屋町ビル8階 メール受付